ONOONOは僕にとって、成長する為の場所でありチャレンジを良しとする集団。 (インタビュー:中谷太郎『TUNNEL』)

日時:2019.09.21
取材:伊勢昌太郎
撮影:伊勢昌太郎
編集:田中凱、山口大地

中谷太郎、伊勢昌太郎

2018年5月にONOONO第2回公演の演者として参加した中谷太郎。
彼の第3回公演『TUNNEL』に向けての思いや、普段の日常について聞いてみる。

ONOONOは僕にとって、成長する為の場所でありチャレンジを良しとする集団。

中谷太郎

–太郎は第2回公演『RIGHT NOW』から、芝居要員として参加しました。公演を終えて、率直にどう感じましたか?

中谷太郎:「面白かった」というのが強くありますね。それまで舞台公演をあまり経験していなかったから、色々勉強になったし、同時に様々な事に挑戦できるのがONOONOなんだと思って。なのでONOONOは僕にとって、成長する為の場所でありチャレンジを良しとする集団なんだと、前回の公演を終えて思った。

–さすがですね。

中谷太郎:(笑)。なので、今回の第3回公演『TUNNEL』もそうさせてもらうから、必ず成長できる場所をつくっていこうと思っています。

–ONOONOとして活動を共にしてきて、普段の俳優活動と大きく違うなと思うことはありますか?

中谷太郎:自分達で一から物事をつくるということ、それにお金を払っていただくということの仕組みがわかっていなかったんだよね。公演制作の事とか、話し合うのがしんどい事も話さなければいけない。けどそれを話すことで深まるものがたくさんある。

これは俳優活動とは違うから、いい経験してるなって思っていて。今もまだまだ勉強中だけど、自分達で物事をつくるという、普段ならやれないことを学べています。

中谷太郎

–第2回公演で1番辛かったことってなんですか?

中谷太郎:台本の仕上がりが遅かったことかな(笑)。

一同 爆笑

— 前リハの帰りにも考えていたもんね(笑)。

中谷太郎:何なら当日にも決まっていないこともあって、一気に詰めたもんね(笑)。こんなこと普通ないよ?(笑)。

一同 大爆笑

中谷太郎:映画なら、先に完結した台本もらうもん。多少のセリフの入れ替えはあるとしても、結末が変わったり役柄入れ替えるなんて、普段の俳優業では無いことだよ。

–なるほど(笑)。

中谷太郎:それは芝居要員が新と2人だからできることかも。だからONOONO楽しいよ(笑)。

焦らず楽しんで「かけ算」をしていきたいな。

中谷太郎

–第3回公演『TUNNEL』において、前回の公演を踏まえ、今回意識していることや挑戦したいことはありますか?

中谷太郎:会場が変わってキャパが大きくなり、チケット代も上がったから、シンプルに責任感が生まれている。それと同時に、最近フリーな身になって、いい意味で緊張していないというか、「やってやるぞ!」という気持ちになっている。

前回は手探りだったし緊張もあったけど、今回は、喰ってやろうというか。台本通りにはやるんだけど、焦らず楽しんで「かけ算」をしていきたいな、というのがある。新と、皆んなと。

–正直、前回太郎から感じた戸惑いが、今回はあまり無いなと思って。

中谷太郎:いい意味で、台本は本番1週間前まで待とうと思っているから。新に「台本仕上がってる?」って、ほとんど聞いてないもん。

–(笑)。

中谷太郎:だから、自分の持っているものを出して、新にありのまま全力でぶつかって「かけ算」して。それによってお客さんに届けたい事が伝わると思う。だからあまり焦っていない。日常のことをストックにして「かけ算」を大きくしたい。

中谷太郎

–ONOONOはほぼダンサーで構成されています。ダンスとは全く違うアプローチである芝居において、太郎のこだわりはありますか?

中谷太郎:シンプルに、僕は言葉が使えるっていう強みがあるから、それで丁寧に大胆に役に寄り添うことかな。役の悩みを、自分も考えてアプローチします!今言ったことは、まだなかなかできないので訓練中です(笑)。

あと、僕も芝居の勉強としてコンテンポラリーダンスを観ることがあるんだけど、ダンスとかって捉え方が幅広くてちょっと難しいなっていうイメージがあって。たぶんその気持ち俺だけじゃない気がする。

そもそも表現というのはどんなものでも、観てる人がどう捉えるかは自由で、答え合わせとかって必要無いと思うんだけど、でもONOONO では、俺みたいな人でもわかるようにダンスの解説をする、みたいな役割を担えたらなって思ってる。

— 確かに。僕らダンサー陣も、太郎の芝居が入ったことで「伝わってる!」という手応えが何倍にもなったと実感しています。

中谷太郎: ONOONO がやってるダンスって本当に凄いと思うの。このまま自分達だけで終わるのはもったいない。

ONOONO の一員になって身体表現の大事さを知れたし、身近なものに思えるようになった。

例えば「虫になりきって歩いてください」とか。これって身体表現だよね。

中谷太郎

–それでは、普段の俳優業についてお聞きします!太郎は今俳優として何年目ですか?

中谷太郎:4年目!今はフリーランスとして活動してます。

–事務所にいた時と、フリーの今と何か違いはありますか??

中谷太郎:以前より貪欲になった。前からならないといけないけど、甘えてた自分に気付けました。

–ダンサーは、ダンスのスキルアップとして練習はもちろん、色々なジャンルの勉強、筋トレなどを行いますが、 俳優としてのステップアップの為に行っている活動はありますか?

中谷太郎:演技レッスンに行ったり、映画、舞台観たりすることです。それと生活の中で人の観察、マネっこ、今自分が言った言葉で相手にどんな影響があるかってことを考えてます。あとはONOONOで普段自分がチャレンジできないような役をやったりする。

–最近アクションもやっているとお聞きしたんですけど。

中谷太郎:そう。やれたら幅が広がるかなって思って練習してます。自分が求められた時に魅せれる手札を増やせればと思って。後はシンプルに身体動かせたらかっこいいなっていう(笑)。それで思ったんだけど、ONOONOの皆さんも、アクションやったらすごいことになると思うだよね。

–(苦笑)。

中谷太郎:これはマジで思う。アクションって体の使い方が凄い大事で、ダンスでいうフリを覚えて動いていくわけだから。

–確かに、技術は違うけど、やっていることは近いかなとは思う。

中谷太郎:あと、凱が稽古前にやってる動物の動きを真似するトレーニングは、役者も結構やるのよ。例えば「虫になりきって歩いてください」とか。これって身体表現だよね。

–第2回公演『RIGHT NOW』では、日常の一部分を切り取ってスローモーションで表現する作品にも果敢に挑んだもんね。しかも上手だったし。

中谷太郎:お題の通りに体を動かすって、難しい。まず自分の身体のことをよく知らないといけないし、歩き方もやっぱり人それぞれ違うから、そういうところからマネてみたりする。

–ちなみになんですけど、ダンス、どうですか?

中谷太郎:やりません(笑)。実際、女優さんの中にも、表現の勉強としてバレエ・ダンスを練習する人もいるから、演技とダンスは切り離せないものではあるなとは思う。ただ、、ね。難しいなって。

–太郎君がダンスできたら絶対おもしろいし、我々ダンサーも芝居ができたら、表現の幅がグッと広がると思うから、いずれ挑戦しましょう。お互い。(笑)

中谷太郎:はい。お願いします(笑)。

最後に–最後に、皆様に一言!

中谷太郎:色々な方にONOONO って団体を知ってもらえて観てもらえたら僕らは幸せです。友人、家族を誘って観に来てください。後悔はさせません。